インプラント

歯を失う理由をご説明し、納得していただいた上で治療をスタート

どうしても歯を抜かなければならない場合は、歯を失う原因をきちんとご説明し、ご納得いただいた上で今後の治療法を検討します。

患者さまの歯の状態によって、入れ歯・ブリッジ・インプラントの3つの方法からお選びいただけます。その中でもインプラントは、自分の歯のように噛める快適な義歯として、装着される方が増加しています。

インプラントは失った歯の骨の部分に人口の歯根を埋め込み、その上に義歯をかぶせるという方法を取ります。外見的にも自分の歯と変わりなく、長期間安定して使うことが可能です。

入れ歯・ブリッジ・インプラントとの比較

失った歯を補う方法として、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つがあります。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、よくお考えになってご自分に最適な方法を選択されるとよいでしょう。

入れ歯

入れ歯はどの歯を失ってもつくることができる義歯として、広く普及しています。
インプラントのように高額の費用をかけることもなく、取り外して洗浄するなどメンテナンスも簡単です。
ただし、「床」と呼ばれる部分に不快感があったり、骨吸収が進んだりするなどのデメリットがあります。

ブリッジ

ブリッジは失った歯の両側の歯を削って、橋渡しするように装着します。
入れ歯のような不快感はなく、審美的にも自分の歯のように見えますが、両側の健康な歯を削って装着後もその歯に負担をかけるというデメリットがあります。

インプラント

インプラントは入れ歯のような付け心地の悪さがなく、自分の歯と同じように噛むことが可能です。
歯を失った箇所の骨吸収もなく、長期間に渡って噛み合わせも安定しますが、料金面で高額な点がデメリットです。

定期メンテナンスで術後のトラブルを防ぐ

「インプラントはメンテナンスが大変」とおっしゃる方もいますが、インプラント装着後のメンテナンスは、普通の歯のメンテナンス方法と大きな違いはありません。

ご自分の歯も含めてしっかりケアすることで、お口の中を快適に保つことができます。
歯科医院に定期的に通い、インプラント周辺の状態も含めたお口の中のチェックを、忘れずに行いましょう。
お口の中の健康診断受けてみませんか? 初めての方へ必ずお読みください 院長blog
アクセス


大きな地図で見る

JR「鶴見駅」東口
より徒歩2分
京急本線「京急鶴見駅」より徒歩30秒

【住所】
〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4丁目24-9

詳しくはこちら
Doctor’s File ドクターズファイル 歯医者ガイド